もらえなくなったビニール袋

もういつからかは忘れたのですが、名古屋ではスーパーでビニール袋をもらえなくなりました。お店によって異なるのかもしれないのですが、大体3円か5円程払うともらえます。でも、実家に帰って大阪でスーパーで買い物をするとまだそういった制度がないのでもらうことができます。私は結局はゴミの日に出す大きなゴミ袋に入れる前の袋が必要なので、別途ホームセンター等で購入するようになりました。名古屋の制度が資源の問題から始まったのであれば、別途袋を購入するのであれば私の家の中で言うと解決になっていないなぁと思います。でもホームセンターやコンビニではもらうことができるので、たまに手に入れることはできます。そういった時はとっておいて、ゴミ捨てまでの間に使っています。結局袋を使用するのであれば、今まで通りに例えば袋を断るとポイントをもらえるといった運用の方が良かったなと個人的には思います。

ビニール袋は縁の下の力持ち

ビニール袋というと、最近では、「環境に悪い」といった理由で、スーパーでも有料化されるところが相次ぐなど、肩身の狭い思いをしています。しかし、実際には、これが日常生活の中で、大活躍しているということは、忘れてはならない事実なのです。たとえば、ゴミだしひとつとってみても、大きなビニール袋がなければ、ゴミを出すことすらできません。家庭ゴミは、水を含んだ茶殻とか、魚の骨といった、しめったゴミが出ますから、どうしても水を外にもらさないビニール袋を使わなければ不便なのです。なくなったほうがいいと言われながら、使う機会がたくさんあります。いわば、これは縁の下の力持ちといえるでしょう。環境にいい素材に替えるなどして、この便利な袋を使っても問題ないようにする方が、現実的ではないかという気が筆者はするのでした。

生活の中で使うスーパーのビニール袋。

ビニール袋とは色々な形や色々な柄があります。そんな中でよく目にするものはスーパーの袋だと思います。スーパーで買い物をするともらえます。買ったものを入れ家に持ち帰ります。そしてビニール袋は生活の中で色々な使い方をします。ちょっとしたゴミ袋にも使えます。カバンの中に一枚は入れているとゆう人もいますよね。子供のいるお母さんは袋に子供の汚れた服、おむつなどを入れカバンのなかに入れることもできます水にも強い袋はお弁当などの汁もれも防げカバンもよごれません。プールのあとにも使えます。濡れた水着をカバンの中にそのまま入れると財布がぬれてしまったり携帯が濡れてしまい壊れてしまいます。そんな時水着を袋に入れるだけでそんな心配はなくなります。エコも大切ですが無駄にせず使うスーパーのビニール袋も大切だとおもいます。

弊社は、紙袋や紙箱、ビニール袋などへの印刷を行っている会社であり、オーダーメイドでオリジナルのパッケージが作れます。 紙袋に名入れもできる!オリジナルの紙袋を通販で販売しております。 創業59年、ネット販売16年の実績がございます。 特に東京・大阪の各企業様より発注対応中です。東京営業所ございます。全国どこでも対応可能でございます。 オリジナル印刷の紙袋が格安でオーダーできます。 ビニール袋は株式会社山元紙包装社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright ビニール袋は日常生活に欠かせないアイテム 2018
Tech Nerd theme designed by Siteturner